Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

実際の住み心地ってどうなの?出張で快適にマンスリーマンションを利用する方法教えます

      2016/02/08

4314809133_f7e7b85cce_b

マンスリーマンションというのは、短期で借りることができる家具付きのマンション・アパートのことです。一般的な賃貸物件は1年から2年といった契約期間がありますが、マンスリーマンションですと、月単位で必要な期間だけ借りることができます。そのため、単身赴任や長期の出張、社員研修など、さまざまなビジネスシーンでも利用されています。
ここでは、出張でもマンスリーマンションを上手に利用して快適に過ごす方法をご紹介します。ぜひ参考にして、出張期間を有意義なものにしてください。

■1・自分のしたい生活イメージを持つ

YUKA150701098458_TP_V

ビジネスパーソンが出張、と言えばビジネスホテルに宿泊することが多いのではないでしょうか。しかし、ビジネスホテルでは、お客様としてさまざまなサービスを受けられる反面、出入りにもフロントを通らなくてはいけないので、長期利用ですと煩わしさを感じるかもしれません。
その点、マンスリーマンションですと部屋の鍵は自分で管理でき、門限もなく、フロントとのやり取りもありません。より自宅感覚に近いプライベート空間を持つことが可能です。ほかにも、自炊ができたり人を呼べたりと自由度の高い生活ができる上に、自分の日々のペースを崩さずに出張期間を過ごすこともできます。まるで自室で過ごすように、自分のしたい生活をイメージして、ビジネスホテルにはない快適な時間を過ごしましょう。

■2・周辺環境を知って生活スタイルを広げよう

150724071186_TP_V

仮住まいとはいえ、しばらくその場で生活するのですから、滞在するマンスリーマンションの周辺を事前に調べてみるのもおすすめです。最寄りのコンビニや近場の居酒屋、気軽に入れるラーメン屋さんなどの飲食店は、出張の多いビジネスパーソンはチェックしておいて損のないポイントでしょう。
周辺の環境に慣れてきたら、さらにオフタイムや休日の過ごし方にもこだわってみてはいかがでしょうか。公園や図書館、スポーツジム、自炊に役立つスーパーの場所などもチェックしておきましょう。
さらに、1番近い病院の場所や、コインランドリー、便利な100円ショップ、銭湯、観光スポットも近くにあるなら調べておくといいかもしれません。

■3・普段と変わらない食生活を続ける

SAWA_saikyouteisyoku_TP_V

出張というビジネスシーンでは、当然ながら仕事に重点を置いていることでしょう。仕事をがんばるには、自分自身も良いコンディションでいることが、とても大切になってきます。
出張先のグルメを楽しむのも出張の楽しみの1つかもしれませんが、普段の食生活から離れて外食ばかりが続くと、体調を崩す可能性もあります。仕事で行っているのに、風邪などをひいて仕事を休むことになってしまっては、何のための出張だかわからなくなってしまう恐れもあります。
マンスリーマンションを利用しているのなら、ぜひ自炊してみましょう。外食よりも経済的ですし、栄養のバランスが良い食事を食べることができるので、体調管理にも役立ちます。
また、出張での自炊生活を過ごすうちに、料理の楽しさに目覚めることもあるかもしれませんよ。

■4・マンスリーマンションの住み心地をグッとアップする、おすすめグッズ

goodhack

快適な生活を送るためのエアコンやテレビ、ベッドなどの寝具や冷蔵庫、洗濯機といった家電など、生活に必要なものは大体そろっていることも、マンスリーマンションの魅力です。物件によっては食器や調理器具などもそろっている場合もありますので、事前に問い合わせると良いでしょう。 
長期の出張に持っていくものは、仕事着や私服、下着類などの着替え、タオルや歯ブラシなどの洗面用具、さらにノートパソコンや、お箸やマグカップ・お茶碗などの最低限の食器などが挙げられます。
ほかにも、マンスリーマンションの住み心地をもっとよくするのに、用意しておくと良いグッズがあります。
ウイークリー・マンスリーマンションですと一般的な賃貸物件やホテルよりも、防音の面でのデメリットが多く聞かれます。そのため、イヤホンや耳栓、足音を軽減させる効果のあるスリッパなどを持っていくのをおすすめします。
さらに、急な不調に対応するため、頭痛薬や風邪薬などの常備薬や絆創膏、自炊に役立つ調味料、休日のお出かけに便利な小さめのバッグなども、用意しておくととても便利です。
限られた枚数しか着替えをもっていかないと思うので、スーツやワイシャツ以外は洗濯は自分ですることになります。そんな時は洗濯ネットが1枚あると便利です。
洗剤やティッシュペーパーなどの日用品は基本的に現地調達でもかまいませんが、トイレットペーパーを1個、出張カバンに入れておくと、着いてすぐにでもトイレを使うことができるので、ぜひ用意しておきましょう。

慣れない土地や環境で仕事をすることは、ストレスを感じてしまうことがあります。2~3日の出張であれば、帰ってきてからゆっくりとペースを日常に戻すことができますが、長期の出張になると、なかなかそうもいきません。
1日の仕事を終えてホッと一息つける、そんな場所として、住み心地の良いマンスリーマンションを活用していきたいものです。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - マンスリーマンション ,