Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

【マンスリーマンションvsビジネスホテル】両者のメリット・デメリットを徹底比較!

      2015/12/28

出張期間が長期に及ぶと、宿泊費だけでも相当な金額になります。そこで「可能な限り費用を抑えたい」と考えたときに、多くの方がマンスリーマンションとビジネスホテルとの選択で悩むことでしょう。1ヶ月ほどの滞在であれば金額にも大きな差が出ないため、判断がつきにくいものです。
そこで今回は、マンスリーマンションとビジネスホテルのメリット・デメリットを徹底的に比較します。まとまった期間出張することが多い方は、ぜひチェックしてみてください。

マンスリーマンションのメリット・デメリット

マンションマンスリーマンションのメリットは、やはり日常生活に必要な家具がそろっていることでしょう。冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などはすべて備え付けのものを自由に使うことができます。長い期間滞在するとなると、食事や洗濯にかかる費用も決して少なくはありません。ここを節約できるのは、大きなポイントと言えるでしょう。トータルで見ても、ビジネスホテルに比べて安い費用で抑えることができる傾向にあります。

また、門限がないことも特徴の一つです。ホテルのようにフロントと鍵のやり取りをする必要はないので、帰宅時間が遅くなりがちな方でも気を遣わずに利用できます。また、ビジネスホテルの部屋とは違い、「暮らし」を実感してご利用いただけます。ホテル=「宿泊」、マンスリーマンション=「暮らし」。この違いは滞在先をご検討いただく上でとても大きなポイントになっているようです。

デメリットとしては、すでに入居している隣人との相性が合わないと、滞在期間中ストレスを感じながら生活しなければならないことです。ホテルであれば、数日の我慢で済みますが、マンスリーマンションでは事態の改善が難しいこともあります。そのような場合は、運営会社に相談してみましょう。

ビジネスホテルホテルのメリット・デメリット

ホテル
ビジネスホテルのメリットは、まずは掃除の手間がまったくかからないことです。出勤するとホテルスタッフが部屋中を掃除してくれるため、毎日清潔な環境で生活できます。家事に慣れていない方にとっては、とても重要なポイントになることでしょう。

また、費用の面でも場合によってはマンスリーマンションよりも安くなることがあります。具体的には、週末は自宅に帰ってホテルを利用しないというケースです。週休2日制の方であれば、1ヶ月あたり最低でも8日程度はホテルを使わないことになります。祝日がある月であれば、もっと増えるでしょう。家族がいるなどの理由で週末は家に戻る方には、ビジネスホテルの方がお得に滞在できるかもしれません。

デメリットとしては、部屋を移動しなければならない可能性があることです。すべての荷物を移動しなければならず、手間がかかります。

マンスリーマンションとビジネスホテルにはそれぞれにメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴をよく知り、自分の状況に合わせて選ぶようにしましょう。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - グッドハック , , , ,