Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

転勤が多くて住居が定まらない! 家もマンションも購入できないならおすすめはマンスリーマンション

   

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_m

マンスリーマンションは頻繁に移動を繰りビジネスマンに広く利用されています。人によっては単身での利用ではなく、ご家族全体で入居されることも多いようです。こうした背景に、は転勤族の方が抱えるいくつかの問題があるのです。今回は、そうした悩みを具体的に紹介するとともに、ビジネスマンが家族でマンスリーマンションを利用するメリットとデメリットを検証してみたいと思います。

◆転勤族の悩み、家もマンションも購入ができない

OY151013210003_TP_V

「持ち家が欲しい…けど次にいつ異動を命じられるかわからない…家族は連れていきたい…」。これは、お仕事で住まいを頻繁に変える方が共通で抱えている悩みのひとつでしょう。一年発起して家やマンションを購入しても、いつ住めなくなってしまうかわからないのですから、悩むのも無理からぬことです。

ファイナンシャルプランナーや不動産業者は口々に「転勤の場合は賃貸に出せばいい」と言うでしょう。確かにこれは、ひとつの解決策ではあります。しかし、賃貸に出したからと言って、すぐに入居者が来るとは限りません。その間も住宅ローンや固定資産税などを払っていかなければならないことを鑑みると、賃貸に出す前提で家やマンションを購入するのはよくよく考えてからのほうがいいでしょう。実際に借り手がつかず放置状態になり、結局家を手放してしまうといったことはよくあるのです。

◆持ち家がないと面倒?家族での転勤問題と住所変更や住民票の問題

住所変更、住民票の変更等もビジネスでの引っ越しが多い方にとって大きな悩みの一つです。持ち家があり一人での新しい生活に抵抗がなければ、家に住民票を残し単身赴任という選択肢を選ぶこともできます。しかし、ご家族とともに転勤をされる場合、その煩雑な手続きをしなくてはなりません。

住民票を移さずにいると、その土地の住民として享受されるサービスを受けることが出来ません。長期の滞在になればなるほど、住民票を移しておかなければさまざまなデメリットが生じてくるのです。特にお子さんを学校に通わせるうえで、住民票の変更は必須となります。

◆頻繁に転勤のあるビジネスマンの強い味方!「マンスリーマンション」を家族で利用するメリット・デメリット

ご家族をお持ちのビジネスマンは、単身赴任するにしろ、ご家族を連れていくにしろ、上記したような難しい問題に立ち向かわなければなりません。そこで、検討していただきたいのがマンスリーマンションです。多くのマンスリーマンション業者は転勤族の方のためにファミリー向けの物件を用意しており、そうした悩みを少なからず解決してくれます。

短期の滞在であれば、こうしたファミリー用の物件は賃貸マンションなどを借りるより賃料が安く済みます。家具もファミリー用のものを備え付けてありますので、ご家族の生活に不自由することはないでしょう。家電家具を持ち込む必要がないということは、通常引っ越しの際に必要になってくる高額な引っ越し費用をカットできるということです。

ただ、住民票の問題には留意しましょう。マンスリーマンションには通常住民票を移すことはできません。上述したように短期の単身赴任であれば、家に住民票を残しておく方法もありますが、お子様の学校のことを考えるとそうもいきません。業者によっては住民票に対応してくれる場合もあるので、長期の転勤にご家族を連れていく場合は事前に確認しておきましょう。

◆まとめ

いかがでしょうか。転勤が多いからこそ、お住まいを賢く選ぶ必要があります。ご家族でもマンスリーマンションを利用するメリットはありますので、移動先のお住まい選びの際は、マンスリーマンションを選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - マンスリーマンション