Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

1年以内の単身赴任、家具家電付きマンスリーマンションと賃貸で家具家電レンタル、 どちらがお得?

      2016/07/21

1554741

1年以内の短い単身赴任――そんなとき、あなたなら家具家電をレンタルするのとマンスリーマンションのどちらを選びますか? また、昨今人気を集めている家具家電レンタルとは、一体どのようなサービスなのでしょうか? 今回は、そんな両者の値段を比較しながら、お得なサービスの使い方について考えていきます。これから単身赴任をする方は、ぜひ参考にしてみてください。

◆家具家電レンタルサービスとは?

家具家電レンタルサービスとはその名の通り、決められた期間、家具や家電をレンタルできるサービスのことです。借りられるのは、冷蔵庫・洗濯機・炊飯器などの“白物家電”を始め、テレビ・テーブルセット・照明などのリビングルームに欠かせないアイテムまで。生活に必要であろうものが幅広いラインナップで取り揃えられています。1人暮らしをするのに欠かせない家具家電は、ほとんどがレンタルでまかなえると考えて、間違いないでしょう。

そのため、単身赴任をする方にぴったりのサービスと言えます。たった数ヵ月の転勤のためにいちいち家具や家電を買っていたら、不必要な出費が増えてしまいますよね。また、帰宅の際にすべての家具を片づけなければならないため、購入した後にはそれなりに手間もかかります。さまざまな観点から無駄をなくすため、家具家電をレンタルするという選択肢は非常に便利と言えるでしょう。

◆1年以内の単身赴任、【賃貸+家具家電レンタル】でかかる費用は?

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V

1年以内の単身赴任をするにあたって、「賃貸+家具家電レンタル」でかかる費用をざっくりと計算してみましょう。今回例として挙げるのは、秋葉原駅から徒歩5分以内にある1kのお部屋です。なおセット内容は「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」「電子レンジ」を中古で借りた場合を想定しています。

◎3ヵ月の場合

レンタル料金 31,000円
賃料 87,000円×3ヵ月分=261,000円

合計 292,000円

◎6ヵ月の場合

レンタル料金 38,000円
賃料 87,000円×6ヵ月分=522,000円

合計 560,000円

◎12ヵ月の場合

レンタル料金 45,000円
賃料 87,000×12ヵ月分=1,044,000円

合計 1,089,000円

初めの3ヵ月はやや割高感がありますが、時間が経つにつれて、料金はお得になってきます。もちろん、ずっと借り続ければその分負担は大きくなりますから、1年前後を目安に借りるのがいいかもしれませんね。

※参考:http://www.kasite.com/items/list_s.html

◆1年以内の単身赴任、【マンスリーマンション】でかかる費用は?

GREEN_YA20140125_TP_V

それでは、家具家電がはじめから付いてくるマンスリーマンションの場合はどうなるでしょうか?1年以内の単身赴任をするにあたってかかる費用をざっくりと計算してみましょう。参考にしたのは、前項と同じく秋葉原駅から徒歩5分以内にある1kのお部屋です。

◎3ヵ月の場合

賃料 93,000円×3ヵ月分

合計 279,000円

◎6ヵ月の場合

賃料 90,000円×6ヵ月分

合計 540,000円

◎12ヵ月の場合

賃料 87,000円×12ヵ月分

合計 1,044,000円

3ヶ月くらいの短い期間であれば、家具家電レンタルよりもマンスリーマンションの方がお得になるようです。また、マンスリーマンションは、長く借りるほどひと月あたりの家賃が安くなるのも特徴。割引き額によっては、上記のように1年を超えた時点で、またマンスリーマンションがお得になるケースもあり得ます。そのため、どれくらいの期間住み続けるかは計画的に考えておく必要がありそうですね。

◆賃貸+家具家電レンタルのメリットとデメリット

gatag-00007097

家具家電レンタルのメリットは、なんといっても手間がかからないことでしょう。家電が故障した際の、修理・交換の費用は、レンタル会社が負担してくれます。メンテナンスの心配がいらないので、新品を購入して保守のサービスに入るよりもお得になりそうですね。また、単身赴任の期間を終えた際に、使った家電を引き取ってもらえるのも大きなメリットのひとつです。一度購入してしまったり、故障してしまったりした家具・家電には処分をする手間が生じてしまいますから、長い目で見ると面倒だと感じる方が多いようです。

逆に、デメリットは、借りる期間によっては購入するよりも金額が高くなってしまうことでしょう。使う期間がはっきりと決まっておらず、長引いてしまった場合には、損をしてしまうおそれがあります。また、割安に利用できるのは新品よりも断然中古ですから、中古品が気になる方には向かないかもしれません。とはいえ、料金のことを考えるならば、後者の方がずっと安いわけですから、家具家電レンタルをよりお得に利用するなら、中古がオススメです。

◆まとめ

今回は、マンスリーマンションと家具家電レンタルの料金を比較してみました。どちらがよりお得になるのかは、借りる期間によって変わってきます。3ヵ月程度の単身赴任なら、マンスリーマンションの方がお得に借りられそうです。逆に、6ヵ月に近づくと、家具家電をレンタルしたほうがお得になります。引っ越しにはお金と手間がかかりますから、慎重に決めたいですね。

家具家電の故障に備えたメンテナンスが必要ないという点では、家具家電付きのマンスリーマンションとレンタルとは同じくらい気軽に利用できるものです。1年以内の単身赴任で、賃貸でお部屋も借りて、さらに家具家電も購入するとなると初期費用はかなり膨らんでしまうでしょう。限られた期間滞在するなら、両者を賢く利用して、少しでも引っ越しの負担が軽くなるようにしましょう。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - マンスリーマンション ,