Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

社宅・社員寮としてもおすすめ!マンスリーマンションの多様な利用方法!

      2016/06/06

1554741

マンスリーマンションは個人としての利用に限らず、企業などの社宅・社員寮としての活用でも多くのメリットがあります。今回は、何かと便利なマンスリーマンションの、多彩な利用方法をご紹介したいと思います。

◆借り上げマンションを社宅・社員寮として利用すると…年間でどれくらいのコストがかかる?

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s

企業が社宅や社員寮を用意する場合、主に既存のマンションやアパートを会社が借主として契約して社員へ住宅として提供する、借り上げ方式が一般的です。では、その年間コストはいったどれだけかかるのでしょうか?

まずは初期費用として敷金や礼金、そして仲介手数料がかかります。条件にもよりますが、家賃のおおよそ3カ月分が必要だと考えておきましょう。その他にも、鍵の交換やクリーニング、保険などの費用がかかります。次に家賃です。短期であっても長期であっても、これは変わりません。中には契約更新のタイミングで値引き交渉ができるケースもありますが、今回は割愛します。その他、2年に1度程度の頻度で更新料がかかることも覚えておかなくてはなりません。なお、水道光熱費や家具・家電代については利用者の負担となるので特に会社側が考えることはないでしょう。

上記を基に、2年間のコストを計算してみます。今回は、管理費込みで9万円の物件を想定してみましょう。

・初期費用(敷金・礼金):90,000円×3カ月分=270,000円
・その他雑費(鍵交換・クリーニングなど):40,000円
・保険:15,000円
・家賃:90,000円×24カ月=2,160,000円
・更新料:90,000円

上記を合計すると、必要な費用は2年間で2,575,000円。年間コストに直すと、1,287,500円が必要となります。

もちろん、これは社員が2年以上勤め続けてくれて、さらに引っ越しなどもなかった時に話です。新しく社員を雇用したものの、その社員がすぐに退職してしまったような場合、最初に支払った初期費用や家賃は、会社に利益のないムダなコストとなってしまうのです。

◆マンスリーマンションって社宅・社員寮としてもおすすめなんです!

254154125

それでは次に、マンスリーマンションを社宅・社員寮にする場合の費用について考えてみましょう。まずは家賃ですが、これは借りる期間の長さによって変動します。長期であれば安くなりますし、短期であれば高くなるケースが多いです。次に初期費用。基本的に、敷金や礼金というものは必要ありません。クリーニング代や保証金がかかる場合もありますが、そこまで高い金額にはならないのが一般的です。

上記を基に、前項の賃貸物件と同じく年間コストを計算してみます。

・初期費用(敷金・礼金):0円
・その他雑費(鍵交換・クリーニングなど):15,000円
・保険:0円
・家賃:100,000円×24カ月=2,415,000円
・更新料:0円

月額10万円(管理費込み)のマンスリーマンションを2年借りた場合、必要となるコストは2,415,000円。年間コストは1,207,500円でした。前項の賃貸物件と比較すると、2年で160,000円の差が生まれます。

メリットがあるのはコスト面だけではありません。たとえば、社員が予定より早く退社してしまったとしても、敷金や礼金のように大きな費用をムダにしなくて済みます。人員補充をする場合も、手軽に社宅・社員寮を用意できます。また、社員にとっては家具・家電の購入負担が軽減されるといったメリットもあります。

◆会社としてマンスリーマンションを利用するメリットは?

00000799

前項で比較したように、マンスリーマンションは社宅や社員寮に利用するとコストを抑えられ、退職時のムダを省くことにもつながります。それだけでなく、たとえば社員研修用に用意をしておく、という用途にも最適です。

全国展開をする企業であっても、社員研修は一部の地域へ集合して行われることが多いでしょう。数週間から1カ月程度にわたる研修であれば、住み込みになるのは必至。その際、人数分の賃貸物件を用意するのは困難です。マンスリーマンションであれば、部屋数を抑えつつ、初期費用も少なくて済むので非常に便利なのです。

◆まとめ

今回はマンスリーマンションの社宅・社員寮利用について、そのメリットをまとめてみました。この他にも、借り上げの社員寮を改修する際に一時的に利用したりするのにも便利ですし、全国から優秀な人材を集めたいという時にも役立つでしょう。出張といったケース以外にも便利なマンスリーマンションを、ぜひ企業でも活用してください。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - マンスリーマンション