Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

明日からの出張、ペットと一緒に住める?ペット可のマンスリーマンションを選ぶポイント

   

「出張になったとしも、大切なペットと一緒に暮らしたい!」愛情をいっぱいに注いだペットを飼っている方であれば、こう考えるのは当然のことです。そこで今回は、ペット可のマンスリーマンションを選ぶ際のポイントや注意点についてご紹介します。

◆急な出張!大切なペットはどうすればいいの?

N825_wankoperori_TP_V

ペットを飼っている方の場合、突然会社から出張を言い渡されると非常に困ります。1~2日程度であれば友人に預けるなりペットホテルを利用するなりすれば良いのですが、ある程度期間が長いとそれも心配ですよね?

そんな時は、ぜひペット可のマンスリーマンションを活用してみましょう。最近はペットと一緒に入居ができる物件が増加傾向にあります。もちろん、「短期であってもペットと離れたくない」という方にもオススメです。

◆ペット可能なマンスリーマンションを選ぶポイント

4314809133_f7e7b85cce_b

ペット可のマンスリーマンションを探す際に少し注意したいのは、その物件がもともとペットOKを前提に建てられているかどうか?という点です。中には、入居者が集まらないために、泣く泣くペット可という条件を付け足しているところもあります。こうしたところでは、ペット用の設備が整っていない可能性も高いですし、何より他の住民がペット飼育に反対しているケースもあって、隣人トラブルが起こる可能性もないとは言えません。そのため、マンスリーマンションを選ぶ際には、事前のこのポイントを営業マンなどに確認しておくようにしましょう。

◆ペットの飼育に便利な設備は?

d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_s

前述のポイントでお伝えしたとおり。ペット可のマンスリーマンションはそもそもペットと一緒に住めるように設計されているため、設備も便利になっているケースが多いです。たとえば、ペットの足洗い場や出入り口が室内に設置されているところもあり、人も動物も快適に暮らすことができるでしょう。

その他にも、ケージや食器、トイレトレーやトイレシートなどのレンタルサービスを行っている場所もあります。出張中は仕事で忙しいので、ペットショップに行く暇もなかなか作れないでしょう。こうしたサービスが用意されたマンスリーマンションであれば、とても便利にペットと一緒の暮らしを送れますね。

◆ペット同伴の入居で注意したいこと

N825_osanpocyu_TP_V

いくらペット可のマンスリーマンションだからと言っても、ルールやマナーについて守るのは当然のことです。トイレのしつけや予防接種、粗相の後始末やしつけなどは、しっかり行っておかなくてはなりません。また、マンション内を連れて歩く時にはケージやカゴに入れるか、リードを付ける。室内にあげる時は足を拭くなど。基本的なマナーは必ず守るようにしましょう。

また、当然ではありますが、柱や壁にペットが傷をつけるとそれは入居者の責任となります。そのため、退居時に多額の改修費用を請求される可能性も。「うちの子は大人しいから大丈夫」と思っていても、知らない部屋に連れて行かれればペットが興奮したりストレスがたまったりすることもあります。そのため、特に入居間もない頃は、できればゲージを持参し、設置しておいたほうがいいかもしれません。

その他、そのマンスリーマンションにもよりますが、退居時には簡単で結構ですので、清掃を行うようにしましょう。コロコロで抜け毛を取ったり、消臭スプレーで臭いを消したり。特にトイレを設置していた付近は、念入りに清掃を行ってください。

◆まとめ

冒頭でもお伝えした通り、ペットと言っても家族であることに変わりありません。ある程度の期間出張しなくてはならないのであれば、ペット可のマンスリーマンションを探すのはひとつの手です。最近はペット可のところもずいぶんと増えてきましたので、お部屋選びの重要なポイントとして、ぜひ頭に入れておきましょう。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - マンスリーマンション