Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

目的を考えて選ぼう!マンスリーマンションの間取りを選ぶポイント

      2016/04/12

マンション

マンスリーマンション選びで大切なのは、ご自身の生活イメージをしっかり持ち、目的に合わせた部屋を見つけることです。その際に重要となってくるのが“間取り”です。今回は、そんな間取りについての基礎知識や、それによって出張中の生活がどのように変化するのかについてお伝えします。

◆間取りで変わる、ライフスタイルがある

desiners2

“暮らし”というのは間取りによって大きく左右されます。広さが全く同じだったとしても、間取り次第で暮らしやすさは大きく変わってくるでしょう。居間とキッチンが分かれているかどうかだけでも、ライフスタイルには違いが出ます。

そのため、マンスリーマンションを探す際には、広さや設備だけでなく、部屋のタイプや間取りにも目を向けるようにするのが大切です。特に気にせず、なんとなくで決めてしまうと後悔する結果が待っていることも考えられるので、十分にご注意ください。

◆間取りを見る時のチェックポイント

N112_cyekusuru_TP_V

間取りをチェックする際、はじめに見ておきたいのはなんと言っても広さと部屋のタイプです。ご自身の生活イメージを考えながら、どれくらいの面積が必要なのか等を見ていきましょう。その後、キッチンやお風呂、トイレといった水廻りについてもチェックします。特に自炊をされる方は、キッチンの設備についてもしっかり確認しておきたいところですね。また、風呂・トイレが別になっているかなども判断基準のひとつです。

その他、下駄箱や収納スペースについても目を向けておきましょう。出張中で荷物が少ないとは言え、これらがないと玄関や居住スペースが片付きません。また、パイプスペース(PS)が寝室の近くにないかなども見てみましょう。ここは排水管が通るところなので、夜間に住民がトイレへ行く度に、水が流れる音に悩まされてしまうかも知れません。

◆部屋タイプ別の生活イメージ

ここからは、ワンルーム、1K、1DK、1LDKといった部屋のタイプ別に、どんな生活イメージが予想されるかをご紹介します。ご自身に合った間取りを探す際の参考にしてみてください。

【ワンルーム】

そこまで狭い部屋でなければ、居室を自由なレイアウトで使えるのがワンルームの特徴です。賃料が安く、掃除などが楽なのもメリットと言えるでしょう。

★こんな方にオススメ★
✓毎晩遅くまで働いていて、部屋は寝るためだけに使うような方
✓基本的に食事は外食かお弁当で、自炊はしない方

【1K】

一人暮らし定番のタイプである1Kは、ワンルームに比べて水廻りが充実しており、清潔・快適な暮らしが送れます。キッチンが別になっているため、料理を作るのにもそこまで不便はありません。

★こんな方にオススメ★
✓ある程度、部屋でくつろぎの時間を過ごしたい方
✓賃料は安くても、水廻りに妥協ができない方

【1DK】

食寝分離ができるのが最大のメリットと言える1DK。食事と就寝の場所が別々になるので、それぞれが中途半端になりにくく快適に過ごせます。また、部屋の間の引き戸を開けて広々としたワンルームのように使うのもオススメです。

★こんな方にオススメ★
✓せめてダイニングだけは分けたい、と考えている方
✓ワンルームや1Kより多少余裕が欲しい方

【1LDK】

リビングとダイニング、キッチンが独立し、それぞれが8畳を超える広さを持っているのが1LDKです。一人で暮らすには十分すぎるほどの広さを持った部屋のタイプと言えます。前述のものに比べると暮らしやすさは抜群で、出張中であってもストレスがなく、不自由も感じずに過ごせるでしょう。

★こんな方にオススメ★
✓長期的な出張なので、しっかりと生活ができる部屋に住みたい方
✓とにかく住みごこちにこだわり、家事もしっかり行える方

◆間取りで変わる出張先での生活

出張の際にメーンとなるのはなんと言っても仕事。基本的には、これに支障がなければどんな部屋を選んでも問題はありません。しかし、「終業後にしっかりと休養を取りたい」「休みの日は自分の部屋でのんびりと過ごしたい」と考えるのであれば、間取りについてはしっかり考えておいたほうが良いでしょう。

これからずっと住むわけではないにせよ、ある程度の期間は生活をする部屋です。ご自身が望む生活イメージをしっかりと把握し、それに合ったマンスリーマンションを見つけてくださいね。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - マンスリーマンション