Good HACK

マンスリーマンションのグッドライフがお届けするお役立ちコンテンツ

*

どうせ住むならこだわりも!デザイナーズマンションをマンスリーで借りるメリット

      2016/03/09

desiners

「一度はデザイナーズマンションに住んでみたい!」そんな夢をお持ちの方も多いでしょう。しかし、一般的な賃貸は数年単位の長期契約となるため、どうしても躊躇してしまうことも……そんな時には、短期の契約で初期費用も抑えられる「デザイナーズマンスリーマンション」がお勧めです。今回は、最近人気急上昇のデザイナーズマンスリーのメリットや家賃相場、普通のマンスリーマンションとの違いなどについてご紹介していきます。

◆新しいトレンド!デザイナーズマンスリーマンションが人気

desiners1

デザイナーのこだわりが詰まったオシャレでスタイリッシュなデザイナーズマンション。これをマンスリー形式で借りられるのが、デザイナーズマンスリーです。

通常のデザイナーズマンションは、一般的な賃貸と比べるとやはり割高です。そのため、仲介手数料や敷金など、初期費用が高くなってしまうのがネックでした。しかし、マンスリーであれば初期費用がかなり抑えられるので、憧れのデザイナーズマンションに気軽に入居ができます。ある意味では“お試し入居”といった感じで利用できるのが、近年人気を集めている秘密のようです。

◆デザイナーズマンスリーの気になる設備

desiners2

はじめに目を惹くのはなんと言ってもそのオシャレなインテリアです。それぞれの内装に合わせて選び抜かれた家具や照明は、それだけで上質な空間を演出してくれます。また、デザインが優れているだけでなく、使い勝手にも考慮された物が多いため、暮らしに不自由することはありません。

さらに、味気ない単色の壁紙ではなく、“コンクリート打ちっ放し”や“レンガ調”といったオシャレなデザインが施されているのもポイントのひとつ。壁紙はお部屋の大部分を占めるものなので、ココが違うたけでもずいぶんと印象が変わります。ただお部屋にいるだけでもウキウキした気分になれるのは、デザイナーズマンスリーならでは、と言えるでしょう。

◆デザイナーズマンスリーの気になる家賃相場は?

15838939830_16a146d5ff_c

一般的なマンスリーマンションに比べ、デザイナーズマンスリーは人気が高く、家賃相場も高めとなっています。とは言え、特別なサービスが付帯しているというわけではありませんので、賃料が倍近くする、といった心配はいりません。イメージとしては、同条件のお部屋に数万円がプラスされている、といった程度です。

ただし、基本的に人気が高いので値下がりを待つといったことは難しそうです。引っ越しシーズンなどにかかわらず、通年高めの金額が設定されている傾向にあるようなので、条件に合っていたらすぐに連絡をする、といった心構えでいたほうが良いでしょう。

◆通常のマンスリーマンションとココが違う!

4314809133_f7e7b85cce_b

もっとも大きな違いは、デザイナーの意図を優先して作られたオシャレな内装です。一般的なマンスリーマンションの場合は、デザインよりも暮らしやすさに重点が置かれています。そのため、部屋全体に統一感がなかったり、家具のテイストがバラバラだったりしてしまうことも多いでしょう。

それに比べてデザイナーズマンスリーは、特に手を加えなくてもそのままで美しく、整った印象であるのが特徴です。ただしその分、ご自身の趣味に合うかどうかは大きなポイントとなるため、掲載されている写真をしっかりと確認し、できれば内見をされることをお勧めします。

また、部屋数を減らす代わりに、仕切りのない広いリビングが作られている、といった物件が多いのも大きな特徴です。使い方次第では、ゆったりとした空間でのびのびとした生活が送れるのも、人気の理由となっています。

◆まとめ

「デザイナーズマンションに住んでみたいけど、なかなか第一歩を踏み出せなかった」という方は、まずデザイナーズマンスリーで“オシャレな暮らし”を体験してみましょう。住んでみないと分からないことはたくさんあります。マンスリーマンションならではの“とりあえず1カ月”という利用法で、その素晴らしさを感じてみてください。

記事が気に入られたら
いいね!・フォローをお願いします。
この記事は「マンスリーマンションのグッドライフ」がお届けしています。

 - ウィークリーマンション, マンスリーマンション ,